韓国ドラマ

韓国ドラマ 「ナビレラ~それでも蝶は舞う~」感想

出典:tvN

Web漫画が原作でミュージカルにもなった作品。

初挑戦とは思えない ソン・ガンのバレエダンサー役が素敵

heartハマり度 : 

「ナビレラ~それでも蝶は舞う~」作品情報

演出 ハン・ドンファ
脚本 イ・ウンミ
放送年度 2021年
나빌레라
나빌레라

program.tving.com

視聴方法

NETFLIX

あらすじ

夢を見つけた70歳の老人と才能に溢れた23歳の若者が、厳しい現実の中バレエの世界へ挑戦し、お互いを支え合う。

引用:Netflix Japan

キャスト

パク・イナン シム・ドクチュル 引退した郵便配達員
ソン・ガン イ・チェロク役 バレエダンサー
ナ・ムニ チェ・ヘナム役 ドクチュルの妻
ホン・スンヒ シム・ウノ役 ドクチュルの孫

「ナビレラ~それでも蝶は舞う~」感想と見どころ

Webマンガが原作

Webマンガとは、ストーリーやキャラが少し違います。

Web butterfly 出典:ピッコマ

マンガは、「ナビレラ」というタイトルで、ピッコマで6話まで無料で読めます。

とても温かくなるドラマ。見てよかった!
ヒカルコ

名作ドラマ

70歳から夢だったバレエに挑戦するドクチュルと、才能あふれる23歳の若きバレエダンサーチェロクがお互いを支えあっていく姿は、すごく温かくて、とてもいい作品でした。

予告見て、バレエに挑戦するっていうのはわかっていたけど、まさかまさか泣かされることになるとは。

おじいさん=ドクチュルが、すごく魅力的でとにかく可愛らしいから、みていて楽しい。

妻ヘナムと羨ましいほど仲が良くて、素敵な夫婦だったー。

そんなドクチュルと出会ったことで、チェロクも夢と向き合うようになり、お互いに尊敬し、誰よりも味方であり、二人が支えあうことで夢に近づいていく。

頑張るおじいさんをみて、周りの人たちが変わっていくのも、いいつながりが広がっているようで、素敵だった。

年齢とか関係なく、自分のやりたいことに挑戦できるんだって背中を押されます。

印象に残る台詞もたくさんあって、それを言うハラボジ=ドクチュルに私も励まされてるような気分になりました。

ケンチャナ=大丈夫とか、

チンチャ=本当?とか、

ハラボジが言うのがすごく優しくて、ほっこりした。

チェロクの元同級生 ホボムに行った台詞が特にお気に入りなのだが、

私の経験では完璧な状態は一生こない。
まずはスタートを切れ。たとえ準備が不十分でも思い切って飛び込むんだ。

バレエ未経験だったとはとても思えないソン・ガン。

バレエのシーンは、どれもステキでした。

とても温かいドラマです。

-韓国ドラマ