韓国ドラマ

韓国ドラマ「椿の花咲く頃」感想

出典:KBS

2019年 KBS演技大賞で12冠獲得の韓国ドラマ超話題作!
2020年 百想芸術大賞 受賞作品

heartハマり度 :

「椿の花咲く頃」作品情報

脚本 イム・サンチュン 「サム、マイウェイ」
放送年度 2019年
동백꽃 필 무렵 | 디지털 KBS
동백꽃 필 무렵 | 디지털 KBS

program.kbs.co.kr

視聴方法

NETFLIX

あらすじ

小さな赤ちゃんを抱えたシングルマザーのドンベク(コン・ヒョジン)は、田舎町オンサンにやってきて、「カメリア」という居酒屋を始める。そんなドンベクに、オンサン出身の熱血漢の警察官ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)は、一目ぼれし、猛アタックを始める。突然訪れた恋の予感。
オンサンという田舎町で繰り広げられるロマンティックサスペンスコメディドラマ。

キャスト

コン・ヒョジン オ・ドンベク役 シングルマザー、「カメリア」というスナック経営
カン・ハヌル ファン・ヨンシク役 警察官
キム・ガンフン ピルグ役 ドンベクの息子
ソン・ダムビ ヒャンミ役 「カメリア」のバイト
カン・ジョンリョル キム・ジソク役 ドンベクの初恋の人、野球選手
オ・ジョンセ ノ・ギュテ役 「カメリア」の常連客
コ・ドゥシム クァク・トクスン役 ヨンシクの母
イ・ジョンウン ジョンスク役 ドンベクの母

「椿の花咲く頃」見どころと感想

盛りだくさんなストーリー展開

前半は、退屈で挫折しそうになったのだけど、見続けていたら、どっぷりはまってました。

全体的には地味な中、ラブストーリーあり、サスペンスあり。

サスペンスが強くなったあたりから、ぐんと面白くなった気がする。

オンサンという小さな田舎町で起こる数々の出来事。

日常が描かれる中、そこにはたくさんの愛情があふれていて、温かい気持ちに包まれます。

ヨンシクの魅力

カン・ハヌル演じるヨンシクがとにかく、あったかい人。

yonsik 出典:KBS

イケメンなのに、ダサくて。

正義感がめちゃくちゃ強い警察官。

まったく冴えないし、バカ正直すぎなんだけど、まっすぐで愛情たっぷりなのが魅力。

カン・ハヌルの兵役後、復帰作とのことだけど、演技が本当に見事で。

クールな役柄でしか見たことない俳優さんだったので、今回のような役で、また印象が変わりました。

そんなヨンシクが一目ぼれするコン・ヒョジン演じるドンベク。

そんなにステキか???と思いながら見ていたのだけど、ドンベクの生きてきた背景などがだんだんとわかってくると、この人の本当の強さがみえてきて。

時々ガツン!と起こす行動が爽快でした。

ヨンシクの存在で、変わっていくドンベクをみるのも楽しみの一つ。

可愛い♡

この投稿をInstagramで見る

Hjk(@rovvxhyo)がシェアした投稿

長身でモデル体型で、田舎町じゃ目立つドンベクなんだけど、格好がどうもダサくて。

このレトロ感は、狙い? 演出だろうけど、衣装が気になりすぎた。

ピルグが、かわいくてかわいくて。

ピルグが泣く=私も泣く。。。みたいな状態になっていた。

コン・ヒョジンのInstagramより

この投稿をInstagramで見る

Hjk(@rovvxhyo)がシェアした投稿

母親

ドンベクと息子のピルグとの関係と、ドンベクと母親の関係が胸に突き刺さってて、お母さんて、すごいなって、改めて思った。

町のおばちゃんたちのパワーがすごかったし、何度も登場する餅が無性に食べたくなった。

前半さえ我慢すれば、どうにか観ることができて、イ・ジョンウン演じるドンベクの母が出てきた後半戦は、完全にこの人に持っていかれてしまったし、ラストまでが早かった。

シーズン19は、涙涙でドンベクの母の娘を思う気持ちとヨンシクのドンベクへの思いに涙腺崩壊。

人との繋がりとか、たくさんの愛情があって、とにかく温かくて余韻がすごい。

人間ドラマとして、素晴らしかった。

-韓国ドラマ