子育て

英検CBT 3級受験しました!

eiken girl

引用;https://www.eiken.or.jp/cbt/

英検CBTの3級を受験すると決め、1ヵ月あまり学習してきました。

普段から、勉強しているお兄ちゃんに比べ、覚えてもすぐ忘れてしまう私は、脳の老いにも気づかされながら、必死にこなしました。

英検CBTは、コンピュータを使った試験なので、お兄ちゃんがPC操作で困らないように...と、タイピングの練習をしたり、マウス操作に慣れたりといった作業をしましたが、学校でもやっているので思ったほど心配はなさそうでした。

英検3級対策

オンラインサービス、アプリ、参考書を利用し、学習しました。

試験当日

集合時間9:10。受験会場のCBT町田センターに到着。

基本的に、試験中に教室から出ることはできないので、お手洗いは済ませておきます。

受付

  • 持ち物は、受験票(印刷したもの)、身分証明書

上記以外は、指示されたロッカーに預けました。

※携帯電話、筆記用具、飲食物、腕時計等は持ち込めません。

メモ用紙1枚とボールペンが会場で配られるので筆記用具はいりません。

ヒカルコ
私は、うっかり腕時計をしたままにしてしまい、受付で指摘され、お兄ちゃんにに笑われる始末。
慌てて、ロッカーに戻っている間に、お兄ちゃんは、受付を済ませ受験教室へ。
出遅れてしまいました💦

すべて荷物を預け、受付が済んだら、受験教室へ。

受験番号どおりの座席に着席して試験官の指示を待ちます。
ちらっと見えた印象ですが、中学生から社会人の方たちが受験しにきていました。
学生が多い印象でした。

試験の流れ

eiken cbt

スピーキングテスト 15分

パーテーションで区切られているとはいえ、他の受験者の声が聞こえます。最初、圧倒されましたが、質問ごとに制限時間があるので、焦らず解答しようと心掛けました。

面接形式とは違い、考える時間が少ないとは感じましたが、人間相手ではないので、緊張はしません。面接形式との違いを感じました。

瞬時に解答が思いつかずうまくいかなかったら、『もう一度聞いてやりなおす』というボタンが各設問につき2回まで利用できることを頭に入れ、進めました。

リーディングテスト・ライディングテスト 50分

リーディングテスト

リーディングテストは、全員のスピーキングテストが終わり次第、一斉に開始されます。ここからは、個人のペースで進めていけますので、時間配分を考え、落ち着いて回答します。

PC上でマーカーやペンを使用し、重要な箇所がわかるようにしながら、長文を読んでいきました。自信のない問題には、『あとで見直す』というボタンにチェックをつけ、最後に見直ししながら、解答しました。

解答ボタンをクリックして進んでいけるので楽です。

ライティングテスト

自分の考えとその理由を二つ書く。課題で求められている内容が含まれているかどうかを考え、自分の考えとその理由を二つ書く。(25~35語)

適切な単語を用いれるか、正しい構成になっているかを意識しました。

英文をキーボードで入力しますが、記入するより楽です。

リスニングテスト

選択問題を先読みし、音量も調整して集中して取り組みました。

試験を終えて

終了時間の目安は、11:45です。

リーディングテストから、個人のペースで問題を解いていけるため、自分より早く試験を終え退室する人も出てきます。

私は、終了時間まで見直しをしました。

他の級の方もいたこともあり、完全に無音にはなりませんし、周りの音に惑わされず、最後まで集中することが大事だと思いました。

お兄ちゃんは、先に終わっていて、外で待っていました。
パーテーションがあるので、周りは気にならなかったそうで、心配していたPC操作も問題なかったとのことでした。

無事終えることができ、良かったです。

結果発表

受験日の2週間後に、登録したメールアドレスに成績発表の通知メールが届いたので、そこから「英検合否結果確認URL」をクリック。

子供と一緒に確認しました。

二人とも合格!よかったです。ホッとしました。

受験日の3週間後に個人成績表・合格証書・合格証明書が送られてきます。

試験を決めてから、あっという間でしたが、次は準2級取得のため、勉強です。

-子育て