プログラミング

TechAcademy フロントエンドコース申し込み

TechAcademy で学習することに

プログラミングの独学に挫折し...。
出来るだけ今の生活に負担にならないように勉強するために、TechAcademyに申し込みました。

コースは最短4週間から最長16週間まであって、期間が長いほど受講費用が掛かってしまいます。

同じコースで同じ内容を学ぶなら、受講期間が短い方が安く済むけれど、さすがに最短4週間は、厳しそう。

お金と時間とで、迷ったけれど、8週間コースにしました。

正直8週間だって、終わるのか不安ではありますが、決めたからには、やるしかない。

そして、少しでも安く受講できる方法を模索。

すると、先割り・・なるものが。

「先割」で申し込み、今後の予定を調整。

「先割」以外にも「セット割」「無料説明会」などの割引、キャンペーンがあるので、少しでもお得に受講するといいと思います。

「先割」とは

受講開始から1か月以上前に申し込みをすると適用となり、受講料金が8%割引!!!
多数あるプログラミングスクールと比較すると、TechAcademyは、相場よりは少し低いけど、それでも私にとっては高額で。
少しでも負担なく勉強したいので、割引は助かります!

tech academy sakiwari

コースが豊富で、迷いに迷ったコース選び

TechAcademyには、多数のコースがある。

  • デザインで 5種類
  • マネジメントで 2種類
  • オフィス 1種類
  • トレーニング 4種類
  • プログラミングで 14種類 

プログラミングだけでもこれだけのコースがあって、迷ってしまいました。

course

引用:TechAcademy

副業したい私は、フロントエンドコースに。

私は、何がしたいのか。

WebアプリもWebデザインも気になるし、WordPressも学びたい…と、あれもこれも興味津々。

でも、今後の仕事に繋げたいし、できることなら副業としてやっていきたい。
そこに条件を絞って、決定!
調べた結果、簡単なWebサイトを制作するためのスキルが身につき、動きのあるWebコーディング案件を受注できるスキルが身につくようになるには、フロントエンドを学ぶことがいい!とのこと。

フロントエンドとは?

フロントエンドとはクライアント側、Webブラウザ側で作動する部分のことを指します。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーがWebアプリケーションなどで画面越しに触れる部分を作成します。
Webページを作るHTML、デザインをよくするCSS、動的要素を加えるJavaScriptの3つの言語の知識が必要です。

デザイナーが設計したデザインを元にHTML、CSS、JavaScriptを駆使して、ブラウザに表示できるようにコーディングを実施します。

フロントエンドコースでは、現在主流のスキルが揃っているので、受講内容を身につければフロントエンジニアとしての基本が学べ、スキルを身につけることができる。

フロントエンドコースに申し込む。

Teckacademyでは、短期間で結果を出すカリキュラムを学ぶことができます。
ホームページ作成、HTML、CSSのコーディング、ライティングページ作成ができるようになりたいので、このコースにしました。

frontend curriculum

引用:TechAcademy

身につくスキル

  • JavaScript/jQueryを利用したダイナミックなアニメーションサイトづくり
  • JavaScript/jQueryを利用したインタラクティブ(双方向)なサイトづくり
  • Flickr APIから取得した画像を集めたサイト
  • Firebaseを利用したリアルタイムチャットサービス
  • 自分のアイデアをカタチにしたWebサービス

TechAcademyは、こちら

フロントエンドコースのカリキュラム内容

 フロントエンドの概要

HTML/CSS

JavaScript

jQuery

Bootstrap

外部ライブラリ

Web API

Baas

Vue.js

オリジナルサイト

更に学ぶために(最新技術など)

➡いざ、スタート

-プログラミング