プログラミング

フロントエンドコース受講開始

オンラインでの学習をスタート

オンライン学習は、ちょっとした空き時間に、どこでも学習できるので、助かります。
「先割」でフロントエンドコースの申し込みをして、入金をしたら、受講開始前でもカリキュラムを見ることができたので、早速学習を開始しました。

学習の進め方

Lessonは、目安時間が設定されているので、自分用に計画を立てて学習していきます。

受講を開始したら、出来るだけ早くクリアしていけるようにし、最後の課題に時間をとれるようにします。

8週間プランは、1週間で20時間学習時間を確保と目安にあったのですが(1日3時間以上)、私は1日3時間ではとても足りそうもないので、厳しめの予定をたてました。
まとめて時間が取れなくても、隙間時間を利用して学習できるようにと、1日6時間を確保できるよう気持ちだけは強く持ち続けました。

受講の仕方

  • Slack(ビデオチャット)を使って、わからないところなどは質問をする。
    (毎日15時~23時)
  • メンタリングは、週2回×約25分。
    マンツーマンで学習終了まで同じ講師が担当してくれる。
    画面共有し、スケジュール管理、わからないところの質問などをしながら学習する。
  • 課題の提出をし、理解度の確認ができる。
    課題がクリアできるようになるまで、何度でも講師からレビューを受けられる。
  • Lesson10で学習の集大成となるオリジナルサイトを作成する。
    自分で作品を作ることで、就職活動に役立てることができる。

わからないところは、質問する!

  • Slack(ビデオチャット)を使用し、質問をする。
    毎日15時~23時。
  • 週2回のメンタリングの時に質問する。
    25分という限られた時間なので、前もってメモしておくなど準備が必要。

第1回 メンタリング

曜日と時間の希望を出し、1回目のメンタリング日が決まります。
なにげに30分くらい前から、そわそわしてしまい、我ながら緊張しているのを感じました。
時間に余裕を持った希望時間を出しておいてよかったです。

お互いに簡単な自己紹介をし、プログラミングを勉強するきっかけ、受講後はどうしたいかなどを聞かれました。
担当してくれるメンターさんは、今までの経歴や現在どのようなことをされているのかを話してくださり、優しそうな方だったのでホッとしました。
画面の使い方や、学習スケジュールを確認し、今後の取り組みについてお話を伺いました。

ヒカルコ

重要アドバイス

最後にオリジナルサイトを作るのに時間を要してしまうので、順調であるならば、できる限り早めに取り組んでいくようアドバイスを受けました。

週に2回メンタリングがあるので、計画的に学習してわからないところは聞いてクリアしていけるよう、8週間集中です!

HTML/CSS

Webページを作るうえで土台となる言語のHTML
文書の見た目を装飾する言語CSS
これらを学び、簡単なWebページを制作し、フロントエンド開発の基礎を身につける。

プログラミング初心者の私でも安心して学べる基礎中心のカリキュラムで、Progateやドットインストールで学習していたHTMLやCSSがスッと入ってきた。
学習→自分でコードを書く。
この繰り返し。

基本だとわかっていても、1番最初の課題提出はドキドキでした。
予定通り、最初の1週間で計画通り学習することができて、いいスタートを切れました。

-プログラミング