BTS 韓国ドラマ

韓国ドラマ「梨泰院クラス」感想

出典:JTBC

webマンガWEBTOONの人気作。
日本版マンガは「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」

ハマり度 :

「梨泰院クラス」作品情報

演出 キム・ソンユン「雲が描いた月明かり」
原作・脚本 チョ・グァンジン
放送年度 2020年

視聴方法

NETFLIX

あらすじ

主人公パク・セロイ(パク・ソジュン)が、逆境を乗り越えて、韓国ソウル中心街「梨泰院」で小さな居酒屋を開店し、大手飲食企業「長家(チャンガ)」グループに挑む復讐劇。

キャスト

パク・ソジュン パク・セロイ役 タンバム社長
キム・ダミ チョ・イソ役 タンバム マネージャー
クォン・ナラ オ・スア役 セロイの初恋の人。チャンガ戦略企画チーム長
ユ・ジェミョン チャン・デヒ役 チャンガグループ会長
アン・ボヒョン チャン・グンウォン役 デヒの息子。チャンガ 常務

「梨泰院クラス」感想と見どころ

なんといってもパク・セロイ

パク・セロイがとにかくカッコイイ。
辛い過去を背負いながらも、まったくぶれない!仲間をとにかく大切にして、頼りになるんだなー。

こんなリーダーに会いたいし、一緒に働きたいって単純に思った。

このモノローグの場面もすごくよくて、

ドラマ後半の回想シーンより

”僕と仲間が誰にも脅かされないよう
自分の言葉や行動に力がほしい
不当なことや権力者に振り回されたくない
自分が人生の主体であり 信念を貫き通せる人生
それが目標です。”

どん底から這い上がっていく姿が、胸を打ち、努力次第で目標を成し遂げることはできるんだと、セロイの言葉に励まされ、前向きになれます。

ココがおすすめ

ブレないセロイが魅力的。

seroi drama

出典:JTBC

そして、イガグリ頭のビジュアルは、マンガに忠実でいうことなし!

セロイを演じるパク・ソジュンが、こんな頭なのにカッコイイ!

イガグリ頭を自分でペシペシ、ぐりぐりする姿はがなんとも愛おしかった。

roppongi class 出典:ピッコマ

マンガは、「六本木クラス〜信念を貫いた一発逆転物語〜」というタイトルで、ピッコマで3話まで無料で読めます。

パク・セロイの名言 勝手にランキング ベスト3

ドラマを引き立たせるセロイの名言の数々。

思春期の息子は梨泰院クラスにドはまりして、毎日見ていたほどのファン。

我が家でも、息子との会話にもたびたび登場し、「セロイが言ってたでしょー」なんて、実際の生活での大切なことをさらっと言えるのは、ドラマのおかげ。

ベスト1 第12話 ヒョニへの言葉

好奇の目に耐えてまでやらなくていい。
お前はお前だから、他人を納得させる必要はない。
大丈夫だ。

優しい… 。

12話は、ヒョニのプライバシーがさらされるという辛い出来事が起こるのだけど、そこでのセロイの言葉があったかくて、ものすごく響くエピソードだった。

ベスト2 第4話 スン・グォンへの言葉

そうやって、あれこれ理由をつけて、諦めていたら、何も出来ない。
俺の価値をお前が決めるな。
俺は自分のしたいことをして生きる。

刑務所の中で、”前科ついた時点で人生終わってんだから、知識を身につけたところで、無意味だ”と突っかかるスン・グォンに、セロイが言った言葉。

セロイは、とにかく努力を惜しまず、誰にでも平等に与えられている「時間」を有効に使い、計画し実行してきたからこそ、説得力があって。

カッコよかった。

ベスト3 第3話 イソへの言葉

今1回、最後に1回、もう1回 一瞬は楽になる。
だけど繰り返すうち人は変わる。

たった1回、1回だけ、今回だけ…の甘えが後の後悔や過ちにつながることもある。

本当にそうだよなー。

セロイのように強い信念をもって、生きなければいけない。

番外編

第3話 グン・ウォンへの言葉

9年耐えてきた。あと6年我慢する。
お前の時効寸前まで。
俺の計画は15年がかりだ。

えーっ、うそでしょ?

復讐劇だとわかっていても、3話目で、すでに観てるみてるこっちも辛くなってきてた時のセロイのセリフ。

今まで、お気楽な韓国ドラマを観てたから、急に重く感じてしまったよ・・・。

でも、この気の遠くなるような計画を一つずつ越えることが、未来の幸せに結びつくのね…と信念を持つことの大切さを痛感。

今までにないタイプのヒロイン

キム・ダミ演じるチョ・イソ。

成績優秀、運動神経もいい。
人気インスタグラマー&ブロガー。
小学生の頃、担任からソシオパスと言われた。

相手が政治家の娘だろうと、教室で弱い者いじめをしていたら、動画を撮って、即アップ。

誰であろうと容赦しない。

思ったことは、ズバズバいう。
殴られても負けない!

めっちゃ、攻撃力高め!

ヘアカラーもファッションも可愛い。

iso drama

出典:JTBC

イソは、最初から結構パンチが強かったんだけど、それが嫌じゃなくて。

セロイへの思いもまっすぐで、思いを伝え続けるし、そばにいてセロイのために動く・・・でこのセリフ。

二度と独りで苦しませたくない。
この人に手を出す奴らは、皆潰すと心に誓った。

可愛さとか優しさとか守るとかじゃなく、自らが盾になる!

最高!

スアにイライラしてたから、余計そう感じたのかもしれないけど、すごく魅力的だった。

「梨泰院クラス」ですっかりキム・ダミちゃんのファンになり、「The Witch 魔女」をみたけど、さすが映画祭の新人賞を総なめしただけあって、すんごい女優さんだったと再確認。

悪役たち

セロイをどん底へ突き落した大手飲食企業チャンガグループ会長とその息子グンウォン。

徹底的に汚くて、強烈なあの手この手で容赦なく攻撃してくる会長。

会長演じるユ・ジェミョンは、まだ40代であの貫禄。

changa drama

出典:JTBC

セロイの同級生 グンウォンも、ほんっとうに憎たらしい。

何度も何度も過ち繰り返して。
それでも懲りなくて💦

悲しいくらい愚かなキャラ。。。でも、この人がいたからドラマが面白かった。

三角関係

セロイ、スア、イソとの三角関係。

スアって、めっちゃ可愛いし、セロイの初恋の人だしで圧倒的有利な状態なのに、受け身の態度に最後までモヤモヤしちゃって。

形勢不利ながらも、アグレッシブなイソ VS スアは、面白かった。

triangle-drama

出典:JTBC

個性豊かなタンバムの仲間たち

タンバムの従業員(ホールスタッフ)で、元暴力団のスングォン。
タンバムの従業員(シェフ)のヒョニ。
タンバムの従業員 アフリカギニア出身のトニー。

そして、セロイとイソ。

中心にはいつもセロイがいて、より仲間たちが魅力的にうつる。

tanbam drama

出典:JTBC

ドラマを盛り上げるOST♪

OSTよかったー。
盛り上がりの部分では、しっかりアゲる!
頭からぐるぐる離れないくらい、思わず口ずさんでる。

gahoの「start」

気分が上がります!

テテが歌う「Sweet Night」もよかった。

私より先に息子がハマっていた「梨泰院クラス」。
思春期のハートに響くものがあるのか、かなり気に入っている様子。

これは、私も観ておかないと!とみはじめたら、第一話から引きこまれちゃって。

パク・セロイの言葉にしびれます

ヒカルコ

-BTS, 韓国ドラマ