身長を伸ばすために

知らないと損!背を伸ばすために、1番重要な栄養素はタンパク質。

「身長を伸ばす」というと、カルシウムがすぐ浮かんでしまいますが、骨の成分にとって一番大事な栄養素は、タンパク質なんです。

もちろん、カルシウムも大事な栄養素の一つですが、タンパク質が1番大事と知った時は、驚きでした。

ヒカルコ

タンパク質とは

  • 三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の一つ。
  • 内臓、筋肉、皮膚、爪、髪、酵素やホルモン、神経伝達物質などの主材料で、人が生きていくうえで欠かせないもの。
  • 動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があり、複数のアミノ酸が組み合わさってできている。

タンパク質は、人が生きていく上で欠かせないものですが、特に子供の成長にとっては重要な栄養素です。体を作るだけでなく、脳の発達にも大きな影響を及ぼします。

背を伸ばす栄養素はタンパク質

栄養は、様々な食品から摂取することが大切です。

そして背を伸ばすために、もっとも重要な栄養素は、タンパク質です。

背を伸ばすということは、骨を伸ばすこと。

タンパク質は、骨や筋肉の材料となって骨を大きくし、成長ホルモンの分泌を促す作用ももっています。

出典:子供の身長を伸ばすためにできること  額田成 著

体を作っているすべての土台となるタンパク質は、とても大事な栄養素であり、背を伸ばすとは、骨を伸ばすということなんですね。

妙に納得してしまいました。

ヒカルコ

タンパク質の1日の所要量は?

思春期 75~90g

75~90mgといわれても、パッとどれくらいなのか浮かびません💦

成人男性で60mgといわれているので、思春期は、それよりも多く摂る必要があります。

そして、タンパク質は食いだめができないため、毎日欠かさず摂ることが必要です。

1食当たりの目安量・タンパク質 含有量(g)

  • 鶏ささみ(40g)で、23g
  • 豚ロース(100g)で、22.9g
  • 牛もも(100g)で、21.3g
  • マグロ(50g)で、13.2g
  • たまごは1個で、6.2g
  • 木綿豆腐は1/2丁で、9.9g
  • 納豆1パックで、8.3g

タンパク質を含む食品

<主食編>
ご飯より、パンの方がタンパク質が多いとは!

”たんぱく質map”をみてみると、食パンの方がご飯よりもタンパク質が多いです。

食パン60gとは、6枚切り1枚のことですが、タンパク質量は、食パン60gで5.6g。

ご飯(1膳180g)は、4.5g。

一品料理は、タンパク質量は多いですが、栄養面でのバランスが気になります。

おかずとの組み合わせで、タンパク質をより摂取する工夫が必要なことがわかります。

Protein staple food

出典:栄養指導Navi

<お肉編>
お肉選びが重要

牛肉、鶏肉、豚肉それぞれの特長を活かし、バランスよく食べましょう。

  • 牛肉・・・鉄、亜鉛などのミネラルが豊富で良質なタンパク質源。
  • 豚肉・・・ビタミンB1の含有量が多く、疲労回復、ストレス解消に。
  • 鶏肉・・・ビタミンAとコラーゲンで美肌作りに役立ち、淡白で消化が良いので食べやすい。

脂肪に注意してタンパク質を摂取することが、身長を伸ばすのには効果的です。

 肉や魚など、タンパク質の多い食品には、脂肪分も多く含まれていることが多いもの。肥満を防ぎながら、背を伸ばすには、「高タンパク質・低カロリー」の食材が最適です。太りやすい子はもちろん、脂っこいものを食べるとすぐ満腹になってしまう小食の子も、脂肪のとり過ぎを避けることが、改善に役立ちます。

出典:子供の身長を伸ばすためにできること  額田成 著

部位によって、脂身の多いものはタンパク質が少なく、高カロリーなので注意が必要ですね。

Protein meat

出典:栄養指導Navi

<おかず編>
ハンバーグは、タンパク質量は高いけど、カロリーが気になる

”たんぱく質map”をみてみると、子供の好きなハンバーグや生姜焼きは、タンパク質量は多いけど、カロリーが高く、魚のおかずは、高タンパク質・低カロリーですね。

Protein side dish

出典:栄養指導Navi

たまご、納豆などは、毎日の献立に取り入れやすいので、こういった副菜で積極的にたんぱく質を摂取できそうです。

特にたまごは、アミノ酸のほか、ビタミン、ミネラル、脂質が含まれていて、ビタミンC以外のほとんどの栄養素が含まれているし、コレステロールが高いと1日1個とされていた説は、違うことがわかったので積極的に摂りたい食品です。

 卵の予備知識(1個の卵=約7gのタンパク質が摂れます)

・体にとって必要なアミノ酸がすべて含まれている

・脳、細胞に必要な優秀なコレステロールが含まれている

・卵の黄身には、レシチンという学習や記憶力を上げる脂質が含まれている

引用;めざせ、180センチ!身長を伸ばす7つの法則 黒川伊保子 佐藤智春 著

植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく摂る

それぞれの特長を活かし、植物性と動物性の食品をバランスよく食べましょう。

  • 動物性タンパク質の食品・・・脂質やコレステロール値が高いものが多いので、カロリーをとり過ぎるおそれがある。
    ・・・植物性よりもアミノ酸スコアが高く、体内への吸収率がよい。
  • 植物性タンパク質の食品・・・カロリーが控えめ。

まとめ

  • タンパク質は、子供の体を作るだけでなく、脳の発達にも大きな影響を及ぼす子供の成長に欠かせないもの
  • 1日の所要量 75~90mgを摂る
  • 脂肪に注意してタンパク質を摂取することが、身長を伸ばすのには効果的
  • それぞれの特長を活かし、植物性と動物性の食品をバランスよく摂る

-身長を伸ばすために