韓国ドラマ

韓国ドラマ「START-UP:夢の扉」 感想

出典:tvN

IT業界での成功を夢見る若き起業家たちの物語

heartハマり度 :

「スタートアップ:夢の扉」作品情報

演出 オ・チュンファン 「あなたが眠っている間に」 「ホテルデルーナ」
脚本 パク・ヘリョン  「ドリームハイ」「あなたが眠っている間に」
放送年度 2020年

視聴方法

NETFLIX

キャスト

ペ・スジ ソ・ダルミ役 契約社員
ナム・ジュヒョク ナム・ドサン役 サムサンテック創業者
キム・ソンホ(キム・ソノ) ハン・ジピョン役 SHベンチャーキャピタルチーム長
カン・ハンナ ウォン・インジェ役 ダルミの姉。ネイチャーモーニング代表
キム・ヘスク チェ・ウォンドク役 ダルミとインジェの祖母
キム・ジュホン ソ・チャンミョン役 ダルミとインジェの父。ウォンドクの息子
キム・ドワン キム・ヨンサン役 サムサンテック共同創業者
ユ・スビン イ・チョルサン役 サムサンテック共同創業者

あらすじ

投資会社が運営するサンドボックスを舞台に、成功を夢見ながら、ビジネスを立ち上げた若き起業家たちの成長ドラマ。

「スタートアップ:夢の扉」見どころと感想

思わず応援したくなる若者たちの姿

まず、起業をメインテーマにしているのが面白くて新鮮だった。

若い起業家たちが、アイディア、独自の技術でビジネスチャンスをつかむ姿が勉強になるし、前向きになれるドラマ。

ダルミのまっすぐなところがすごく好感が持てて、とにかくわくわくさせられた。

三角関係

物語の軸にある幼い頃の文通。

ダルミの祖母に頼まれて一時は、ダルミの文通相手で、今は投資会社のチーム長のジピョンとドサンとダルミの三角関係。

過去と現在が絡み合っちゃって、あら大変。

個人的には、孤独な生い立ちをもちながらも、自力でのし上がり、なおかつ心優しいジピョンを応援してたんだけどなー。

サンドボックスの名前の由来や、スタートアップの挑戦を応援したくなる演出がすごくよくて。

頑張る若者を見ながら、私も頑張らないとって思ったり、ダルミの祖母の優しさにみんなが救われていく姿に、温かくなりました。

後半、話が単調になって最終回まで長く感じたのがちょっと残念だった。

-韓国ドラマ