デンタルケア

一生自分の歯でいるために、できること

teeth

歯への意識が低い日本人

日本人は、海外よりも歯への意識が低いと言われます。

 

日本では、虫歯や歯周病などのトラブルが起きてから治療をするために歯科医院へ行くことが多いですが、海外では、予防や審美のために歯科医院に通います。歯は、その人のパーソナリティそのものとされ、歯の汚さや歯並びの悪さは貧しいことを表すため、こどものうちに矯正治療で美しい歯並びにしたり、定期的にクリーニングを行うことが一般的です。

 

  • 歯並びが悪ければ、噛み合わせも悪く身体に不具合が出る可能性が高い。
  • 第一印象が重要視されるので、歯の美しさも評価に入ります。

日本・・・治療のために歯科医院へ

海外・・・検診のために歯科医院へ

 

歯に対する意識が高まってきた日本

グローバル化が歯に対する意識を変えたようです。

対等な立場で仕事や交渉を行うためには、外見に気を使うことは重要です。

実際、人前に立つ芸能人や、世界のリーダーたちはみんな歯がキレイで、自信に満ちた表情をしているのを目にすることで変わってきたと思います。

 

コンビニより多い歯科医院

全国の歯科医院は、コンビニより多いって聞いたことはありませんか?

 

歯科医院の数は、6万8051施設(2021年3月末現在、厚生労働省医療施設動態調査より)、

コンビニエンスストアは、5万5940軒(2020年10月現在、JFAコンビニエンスストア統計調査月報より)と

コンビニ店舗数を1万以上も上回っています。

これだけ多くの歯科医院があるのですから、上手に歯医者さんを活用し、長期的なデンタルケアをしていきたいものです。

 

 いい歯医者さんを選ぶポイント

  • デンタルケアの基本である「正しい歯磨きの仕方」をアドバイスしてくれる
  • きちんと説明してくれる
  • 技術のある歯科衛生士がいる

普段の生活でできるデンタルケア

歯磨きには、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシを使ってじっくりケアする

  正しい方法でブラッシングを行い、歯垢を残さないようにしましょう。
  自分に合った歯ブラシを使う。
  歯間ブラシやフロスを使うことで、歯ブラシでは届きにくい部分の歯垢を取り除くことができます。

食後、歯を磨けない状態の時は、意識して口をゆすいだり、ガムを噛む

  歯間にたまる食べかすは、虫歯などのリスクにつながるのでうがいをする、ガムを噛むだけでも効果はあります。

 

定期的に歯医者さんに行く

3~6か月に1度は、歯医者さんに行き、歯石除去をしてもらいます。

  歯石除去することで、歯周病などの予防に繋がります。
  歯石は、歯の裏側などの見えにくい部分に溜まっていることがあり、自分で丁寧にケアをしていても、歯石や歯石の原因である歯垢がしっかり取れているか判断することは難しいです。

  歯石除去を行うことで、歯周病などの予防に繋がります。

 

定期的に歯医者さんに行く以外に、この1年、急に歯が欠けたり、詰め物が取れたりといったことが続いて、たびたび通っていました。

「老い?歯も弱ってるってこと?」と不安になりましたが、自分では気づかないうちに歯を食いしばって、歯に負担をかけていたそうです。

 

1日の歯の接触時間の平均は、17.5分

普段の生活では、歯は常に離れているもので、食事や会話する時間、一日の歯の接触時間をトータルすると、平均17.5分だそうです。

でも、何かに夢中になっていたり、仕事をしている時、考え事をしている時、テレビを見ているとき、無意識に上下の歯を触れ合わせたままにしてしまうそうです。

力は弱くても長時間接触しているだけで、本来かかる力以上の負担をかけ、お口の健康に影響を及ぼすとは!

 

私の場合は、ずっとデスクワークでPCの前にいることが多いので、仕事中に無意識にかみしめているようでした。

意識すれば改善できるとのことで、先生に言われた通り、PC作業をするときは、見える位置に17.5分と書いたメモを貼って過ごすことにしました。

 

ちょっとした力が歯には負担になります。

歯を噛み締めることもだめですが、舌で歯をさわることもよくないそうです。

 

今回、詰め物が取れて歯医者にいくまで、不安な日々が続き、舌で詰め物が取れた歯をさわっていたのですが、この舌で歯を押すという行為もダメでした。

舌で触っているだけでも、歯には負担になるので、舌の位置を上あごにあてるようにとアドバイスをいただきました

 

 歯を守るために意識すること

 

  • 歯が接触しないように意識する。(1日の歯の接触時間は、17.5分)
  • 舌の位置は、上あごにあてるように

普段から歯への意識を高め、自分の歯で一生暮らせるようにケアしていきましょう。

 

-デンタルケア